『1031食堂』~イタリアンフルコース編~

2012-06-18

先々週の土曜日のことです。

パン君(1031君)からまたまたお誘いがあり、
今回も美味しいお料理をいただいてきました


最近はこんな感じで毎週のように、
『1031食堂』にてパン君の手作り料理を楽しむ私たちです


今回はカレーではなくイタリアン
それもフルコースで♪♪

パン君の自家製が溢れたお料理ばかりです


今回はDogg暇ster君と彼女さんも同席です。


まずは『シニフィアン シニフィエ』の「バゲット プラタヌ」





お次は「水牛モッツァレラのカプレーゼ」




この後は前菜3種類が登場

「自家製ベーコンとキャベツのスパイス炒め」



パン君の作った自家製ベーコン美味しい

スパイスはクミンのみ使用。


「天然地鮎のカルピオーネ」



パン君イチ押しの美味しいお酢を使用☆

さっぱりとしていて食欲がわく


「自家製レバーペースト」



先ほどの『S.S』のバゲットの上に
かなり贅沢にたっぷりと乗せて

タッパーにはこんなにたくさん!!



血抜きを程々にしてわざとレバーっぽさを残したレバーペースト。

ハーブはタイムのみ、スパイスはアジョワンのみ。
ポルト酒をたっぷりと使っています。


このパン君の自家製レバーペーストは、
みんなにとっても大好評でした

最後はスプーンでガッツリ贅沢食いで完食(笑)


お次は「ローマ風トリッパと白インゲンの煮込み~ペコリーナロマーノがけ」




トリッパは黒い状態から購入し、
下処理も一から全部自分でやったそうです

下処理中はずっと部屋のニオイは凄いし、
かな~り面倒くさい作業だそうです。
普通家庭ではそこまでやれないですよね

トリッパの味を残す為に下茹でも3回というこだわり

今回いただいたお料理の中で、
私はこれが特に大好きでした


お次は「鰤のカラスミのパスタ」



もちろんパン君の自家製カラスミ

普通カラスミと言えば“ボラ”ですが、これは“ブリ”!!

じっくり一年半熟成させたそうです。


貴重なブリのカラスミを贅沢にたっぷり絡めて

美味しいに決まってる~


お次はメイン料理で~す
「詰め物をした鶉のロースト」




ウズラの中には色々と詰まっていて
小さなウズラがパンパンにはじけそう


真ん中を縦に包丁を入れると…。



中には鴨と鶏のモモ肉、エシャロット、レバー、
鶏ハツ、フォアグラがぎゅうぎゅうに詰められてます

詰め物は挽き肉は使わず全て手切りで、
スパイスはアジョワンのみ使用。

“フォンドヴォライユ”(鶏ガラの出汁)と
ポルト酒のみのシンプルなソースです


気になって焼いている様子をチラ見
20120617230217981.jpg


最後に差し入れのスイーツ
『プレリュード』の美味しいタルト




ちなみに今回のお料理で使ったポルト酒はこちら☆



お料理と一緒に飲み干しました

その他シャンパンやらワインやらビールやら…。


この後は、ココでは口が裂けても言えないトーク

お酒の力って本当に凄い…(笑)


暇ster君と彼女さんが帰った後も、
3人で明け方明るくなるまでお喋りしてました


今回も記憶に残るほど美味しい&楽しい日になりました
関連記事


人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク
ブログランキング
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーリンク
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
現在名様が閲覧中
プロフィール

アヤリータ

管理人:アヤリータ