国宝『久能山東照宮』 in静岡市駿河区

2012-09-18

まだ暑い日が続きますが、すっかり秋らしくなりました。
【食欲の秋】、そして【芸術の秋】ですね


というわけで、一昨日の日曜日は“アート&ケーキの旅”へ
まくお君と静岡方面へお出掛けしてきました


早朝から出掛けて、まず立ち寄ったのが
静岡県静岡市駿河区にある国宝『久能山東照宮』です。





歩いてあの山の頂上を目指します。




まず『久能山東照宮』についてちょっと説明しますね

国宝である『久能山東照宮』には徳川家康公が葬られており、
東照神君として平和、開運、学問、厄除の神として崇められ、
全国東照宮の創祀・根本大社として全国から幅広い祟敬を受けています。


“久能山”は推古天皇の時(西暦600年頃)、久能忠仁が初めて山を開き一寺を建て
“補陀落山久能寺”と称したとあり、“久能山”の名称もこれから起ったとされています。

1225年に山麓の失火により昔の面影はなくなり、1568年には武田信玄が久能寺を
近くの北矢部(今の清水区の鉄舟寺)に移し山上に城砦を設け“久能城”と称したそう。

1582年に武田氏が亡びると、駿河の国一帯が徳川氏の領有する
ところとなったので久能山も徳川氏のものとなったのです。

1616年に家康公の死後、久能城を廃止し東照宮を建立し現在に至る。


…とちょっと長くなりましたが、こんな感じです


歩き始めてすぐ振り返るとこんな景色。




まだまだ先は長い…。

張り切って先陣を切っていた私も疲れたので、
中間地点の“一ノ門”で2人を待ちます。



ここからの景色は最高







更に進むと、『久能山東照宮』の入口が見えてきました。


参拝者はここで500円払います。
となりには博物館もありました。


すぐに見えてきたのは立派な“楼門”。


とっても色鮮やかで綺麗です


楼門を抜けると、こんなものが。


家康公の手形
家康公は私よりも身長ちっちゃかったんだ~。


更に行くと、『久能山東照宮』の拝殿があり、
私たちもお賽銭投げて拝みます




せっかくなので私はおみくじを引いてみた。


【吉】だったし、悪いことは書いてなかった


へぇ~!山の下からここまで1159段も上がってきたんだ




本殿もとっても色鮮やかで美しい









更に行くと家康公のお墓があります。

歴史ある建造物ってしっかり観ると、結構面白いですよね

暑い中ゼェゼェ息切らせながら登ってきた甲斐がありました
関連記事


人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント

久能山

アヤリータさん

ご無沙汰してます。
久能山懐かしい響き・・・
っていうか、ほとんど覚えてませんが
小学校の修学旅行で行きました。

久能山は覚えてないですが、
いちご食べ放題で友達と競争して
いちごを140個ほど食べ・・・
気分が悪くなり、いちごが嫌いになりました(^^;

そんなヘンな思い出の久能山です。

ブログでただいま名古屋集中アップキャンペーン中!
よろしければ覗いてみてください。

ヨッサン様へ

ヨッサン様、お久しぶりです

久能山に行かれたことがあるんですね!
私は長い階段を上ったおかげで、ふくらはぎが筋肉痛です(>_<)

確かにあの辺には苺のビニールハウスが沢山ありますね
食べ放題で140個も食べたんですか
食べ過ぎて嫌いになるっていう話はよく聞きますね(笑)

旅行を満喫されているようですね!
ヨッサン様のブログはしょっちゅう拝見してますよ~


スポンサーリンク
ブログランキング
最近の記事+コメント
月別アーカイブ
スポンサーリンク
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
現在名様が閲覧中
プロフィール

アヤリータ

管理人:アヤリータ